MENU

安い価格でおすすめなマットレスは?

マットレス安いおすすめ

人間の健康にとってとても大事な睡眠の質を左右する寝具のひとつであるマットレス。著名なスポーツ選手や文化人の方が宣伝しているような有名なメーカーのものは値段が非常に高い場合が多く、最も価格の安いシングルサイズでも3〜5万円するのが普通だったりします。

 

とりわけ高額なのは、フィギュアスケーターの浅田真央さんが宣伝CMに出演している「エアウィーヴ」というメーカーのベッドマットレス。これは「エアウィーヴ」独自の樹脂素材「エアファイバー」というものが使用されているマットレスで、二種類あるうちの価格の安い方(スリムタイプ)でさえ、10万円以上します。

 

また柔道家の野村忠宏さんやプロ野球選手の前田健太さんが利用していることで知られているマニフレックスというメーカーのマットレスも値段が基本的に高く、安いものでも3万円以上します。

 

生活全体のことを考えるとやはりこうした3万円以上の高額のものには手を出す気になれないけど、かといって、一万円以下のものを選ぶのは避けたい…と考えている方には、アイリスオーヤマの

 

「Airy(エアリー)」というマットレスが、おすすめです。これは体圧分散性、通気性、耐久性に優れた「エアロキューヴ」という素材が使われているマットレスで、厚さ5cmのものであれば、2万弱で購入できます。

 

またそのぐらいの価格のマットレスは、「お値段以上」という文句で有名な

 

ニトリ

 

にもあります。
個人的にはこちらが一番オススメで、人気のものとなっています。

 

財布に十分な余裕がある方や、ひどい腰痛を抱えていてそれを改善したいというような方には、初めに述べたような値段が高額なものがおすすめだと思いますが、そうでない方にはやはり、アイリスオーヤマの「Airy(エアリー)」のような、1〜2万円ぐらい価格帯のマットレスがおすすめだと思います。

 

マットレスのカビ

 

湿気が溜まると季節に関わらず発生しうるマットレスのカビ。出来てしまったカビを放置しておくのは良くないですし、生えてしまったカビを取るのはなかなか面倒な作業でもあるので、やはり普段からカビの発生しないような使い方をしておくことに越したことはないと思います。

 

マットレスにカビを発生させないために気をつけたい(工夫すべき)ことのひとつは、マットレスをそのまま使わないということ、つまり、シーツやベッドパッドと一緒に使うということです。シーツやベッドパッドを利用することで、寝ている間にかいた汗がマットレスに直接吸収されるのを防げます。ベッドパッドで、特におすすめなのは、吸湿・放湿性の高い羊毛(ウール)を素材としているものです。

 

そしてもうひとつ、気をつけたい(工夫すべき)ことは、床にマットレスを直接置かないということです。マットレスを床に直接置くと、その部分が通気性のない、カビの好む環境となってしまいます。それを防ぐためには、ベッドフレームやすのこを利用してマットレスと床の間に空間できるようにする必要があります。

 

また、こうしたマットレスそのものの使い方を工夫するほか、マットレスが置かれている部屋そのものの湿度が上がらないようにすることも大事だといわれています。部屋の湿度が上がらないようにする方法には、晴れた日に窓を開けて換気すること、除湿器を利用すること、良質の備長炭を室内に置くことなどがあります。


女性の腰痛の原因

腰痛の症状は性別問わず誰でもなりうるものですが、原因は様々で、女性特有の原因というのもあります。

 

その女性特有の原因のひとつとしてよくいわれているのは、「筋力不足」です。身体を鍛えていて一般的な男性より筋肉量が多いという女性もいなくはないですが、女性の体は基本的に男性の体と違って筋肉を作る働きをもつテストステロン(男性ホルモン)の分泌が少ないため、ほとんど多くの女性は、腰を支える筋肉(腹筋、背筋など)の量が男性より少ない場合が多く、腰椎に負荷がかかって腰痛が発生してしまうことがあるといわれています。

 

もうひとつ、女性特有の原因としてよくいわれているのは「冷え性」です。「冷え性」は先に述べたように、基本的に男性より筋肉量が少ない女性に多い症状だといわれています。腰痛を改善する方法として腰を冷やすということもよくいわれていますが、女性の場合「冷え性」が原因で腰痛が生じている場合もあるので、腰痛になったからといってすぐ冷やしたりするのは悪化を招く危険性が高く、避けた方がいいといえます。

 

また、ハイヒールやパンプスといったかかとの高い靴を履く習慣によって腰痛が引き起こされることもあるといわれているのですが、これもやはり女性特有の原因のひとつだといえます。かかとの高い靴を履く必要がある場面というのもあると思いますが、そうした日は腰に大きな負担がかかった可能性が高いということを忘れず、きちんとストレッチなどで筋肉のケアをすることが大事です。またそうした靴を履く習慣をもっていて、腰にだるさや違和感を感じるようになった場合は、症状が酷くならないうちに、ローヒールの靴に履き替えることをおすすめします。

 

食事の改善が有効だと考えられる腰痛

 

腰痛の原因は様々だといわれていますが、高齢の女性に多いといわれている「骨粗鬆症」もそのうちのひとつです。「骨粗鬆症」は簡単にいうと骨がもろくなる病気で、骨を作る元となるカルシウムやカルシウムの吸収を助けるビタミンD、骨を丈夫にするマグネシウム、タンパク質といった栄養を摂取することによって予防・改善が期待できるといわれています。そのため「骨粗鬆症」が原因である腰痛の改善には、そういった栄養素を含む食べ物の摂取が有効だといえます。

 

また「肥満」も、様々ある腰痛の原因のひとつだといわれています。そして「肥満」の予防・改善には、適度な運動のほか、食生活の改善が効果的だといわれています。食生活の改善というのはつまり、動物性脂肪の多い食べ物(肉類)を控えたり、脂肪の燃焼を促す働きをもつ栄養素を含む食べ物(グレープフルーツ、トウガラシ、ショウガなど)をとるように心がけたりすることです。なので「肥満」が原因である腰痛の改善には、適度な運動だけでなく、そうした食生活の改善も有効だといえます。

 

また女性は男性より「冷え性」になりやすいといわれていますが、「冷え性」も腰痛の原因のひとつだといわれています。そして「冷え性」の改善には、からだを温める食べ物(にんじん、たまねぎ、ニラ、かぼちゃなど)を摂るようにし、からだを冷やす食べ物(トマト、レタス、ピーマン、ゆずなど)を控えるようにするとった食事の改善が効果的だといわれています。なので「冷え性」が原因である腰痛の改善には、そうした食事の改善が有効だといえます。

中年期の男性が注意した方が良い健康問題

メタボリックシンドロームは、運動不足の中年期の男性が抱えることになりやすい健康問題のひとつ。単に太っている状態のことではなく、内臓脂肪型肥満に高血糖、高血圧、脂質異常症が二つ以上併発している状態のことで、対策をせずに放っておくと脳卒中や心筋梗塞、心臓病といった命に関わる重篤な病気につながる可能性が高いといわれています。

 

有効だといわれている予防・改善策は、食生活の改善と適度な運動です。食生活の改善に関しては、主食をパンからコメに変えるのが良いといわれています。コメの方がパンより腹持ちが良く、塩分が少ないためです。またよく噛んで食べることも大事だといわれています。よく噛むと脳内でヒスタミンという物質が盛んに分泌され、その作用で食欲が抑えられ、満腹感を得やすくなるためです。

 

適度な運動に関しては、内臓脂肪の燃焼に効果的なウォーキングや水泳といった有酸素運動のほか、腕立て伏せ、スクワット、腹筋といった筋力トレーニングも有効だといわれています。筋力トレーニングを行って筋肉の量が増加することでいわゆる基礎代謝が上がり、身体のカロリーの消費量が多くなるためです。

 

また「うつ病」も、運動不足の中年期の男性が抱えることになりやすい健康問題のひとつです。中年期の男性は、心の健康にも注意が必要だといわれています。気分の沈み込み、無気力といった状態以外にも、食欲の無さや体の疲労のことなど健康面に関することをしつこく気にしたりすることや、怒りっぽさなども中年期の「うつ病」の初期症状としてよくいわれています。この問題の予防・改善には、何か打ち込める趣味をもつことと、運動をすることが有効だといわれています。

 

肩こりと枕

 

肩や肩の付近の背中の痛み、だるさ、張り感などの症状をもたらす不快な肩こり。肩こりの原因は、長時間のデスクワークや精神的な緊張や目の疲労、運動不足、カラダの冷えなど様々だといわれています。そして意外に思われる方もいるかもしれませんが、寝る時に使用する枕も、ものによっては肩こりを招いたり、肩こりを悪化させる原因になるといわれています。

 

なので現在進行形で肩こりに悩まされているという方、とりわけ他の原因に心当たりがないという方は、今使っている枕を疑ってみた方が良いです。

 

どんな風にかというと、チェックすべきポイントは複数あるのですが、まず枕の高さを見直しましょう。高すぎる場合も、低すぎる場合も、どちらも良くないといわれています。枕に頭をのせた時、高すぎる場合は、顎の位置が下がった状態になり、低すぎる場合は、逆に顎の位置が上がった状態になります。そしてそのどちらでもない、ちょうどいい高さの場合は、顎の位置は立っている時と同じ、前にも後ろにもずれない自然な位置になります。また横向きに頭をのせた際、顔の中心と胸の中心が一直線で結べるような状態になれば、その枕の高さは問題のない高さだといえるといわれています。

 

また、枕の形(大きさ)も、チェックすべきポイントのひとつです。良いといわれているのは、頭の丸みを自然に受け止められるような、少しくぼんだ形をしているもの、寝返りを打っても頭が枕から落ちない大きさ(横60cm以上、縦40cm以上)のものです。

 

そしてもうひとつ、チェックすべきなのは、枕に使用されている素材です。良いといわれているのはそれなりに硬さがあるもので、たとえばそば殻、高反発ウレタン、ビーズ、ヒノキなどです。

忙しい方におすすめな肩こり解消グッズ

重いものの上げ下げや持ち運び、長時間の運転やデスクワークといった腰への物理的負荷以外にも、仕事のプレッシャーや将来への漠然とした不安といった精神的負荷も要因になりえ、根本的要因を特定するのが難しいといわれている肩こり。

 

肩こりはもちろん、根本的に解消されることが最も望ましいことであるわけですが、やはり、日々のツライ症状を少しでも緩和させるということもまた大事なことだと思います。根本的な解消に効果的といわれている適度な運動や長めの入浴をする時間をとるのは、忙しい社会生活を送っているとやはりなかなか難しい場合が多いと思うので。

 

日々のツライ症状を緩和させるのにおすすめなのは、いわゆる「肩こり解消グッズ」です。「肩こり解消グッズ」というのは、具体的にはスキマ時間に楽に利用できるような、簡易なマッサージ機・ツボ押し機、温熱シート、などのことですが、最近では低周波を利用するものや、見た目の非常におしゃれなものなど、いろんな種類のものがあります。

 

ネットで好意的に紹介されている「肩こり解消グッズ」のひとつは、「めぐりズム」という温熱シートです。これは値段がかなりリーズナブルな部類の「肩こり解消グッズ」で、アマゾンで千円程度で購入できます。

 

もうひとつは「アテックス ルルド グリグリ(ATX-2030bk)」という指圧器で、これも値段がかなりリーズナブルで、おすすめです。アマゾンで千円程度で購入できます。